共生細菌を活用

当社は四国電力グループの四国総合研究所が発見した微生物に当社の独自技術を加味して『共生菌A-300』を製品化しました。イチゴ関連研究の過程で、古い培地で栽培しているにもかかわらず良好に生育しているイチゴ株からこの微生物が分離されました。植物への有効性および安全性を確認し、特許を取得しました。本資材は植物に共生し、植物の生育を促したり、連作障害の予防に効果を発揮します。野菜、花卉類に使用が出来ます。また、ゴルフ場の芝草管理や果樹等の作物への実用化に向けて現場試験を行っています。JA、大手種苗メーカーを通じ全国に販売しています。

共生菌を接種して育てたイチゴの根

上図拡大図、赤く染まっているのが共生菌

対照区 / 連作障害物質添加区 / 連作障害物質+共生菌

農業用商品一覧表の該当商品へ お問い合わせはこちら