2016.04.28

土壌医検定1級に1名が合格。当社土壌医は2名に。

本年2月に実施された日本土壌協会主催の土壌医検定で、当社技術普及部・山田直樹が1級に合格いたしました。一昨年、技術普及部・猿田年保が1級に合格しており、当社の土壌医有資格者は2名になりました。他に今年は2級に1名、3級に2名が合格しました。当社の土壌医検定2級有資格者は2名、3級有資格者は2名になりました。

2016.03.29

「天橋立公園」のクロマツ樹勢回復に当社資材をご使用いただいています。

日本有数の観光名所「天橋立公園」(京都府)で、このほど行われたクロマツ樹勢回復工事に当社の外生菌根菌胞子液と発根促進資材が使われました。

IMG_1176

「天橋立公園」行われた作業の手順と作業の模様をご紹介します。

①エアースコップで表土を剥ぎ取り、腐朽根や徒長根を断根し除去したあとに根に直接触れるように発根促進資材を施用します。

IMG_1206IMG_1275

②改良土壌で表面を覆ってから外生菌根菌胞子液(チチアワタケとショウロの混合胞子)を散布し、砂を覆土します。

IMG_1319

外生菌根菌胞子液と発根促進資材による樹勢回復工事が日本各地に広がっています。

(猿田)

2016.03.08

当社微生物資材をご使用いただいている稲作農家さんがダブル受賞!

長野県大町市の宮田富吉さんは「第17回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(石川県)、「第5回大阪府民のいっちゃんうまい米コンテスト」(大阪府)の2つの大会で入賞し、ダブル受賞となりました。

宮田さんのダブル受賞の記事が地元紙「大糸タイムス」に掲載されましたのでご紹介します。

宮田さんには長年にわたりオーレスPSB、微生物入り育苗培土など当社微生物資材を使用していただいております。

(中嶋)

大糸タイムス ‐平成28年2月5日‐

2016.01.27

トマト栽培で「共生菌A-300」が効果

 

 

共生菌A-300トマト使用

トマト育苗でも共生菌A-300を使用

松本市のトマト栽培農家(ハウス)は、「共生菌A-300」を育苗時に使用し、収量・品質の安定に効果を上げています。

この農家は、100倍に薄めた「共生菌A-300」を、播種35日後、定植直前の播種60日後の2回、苗に全面散布しています。「使い始めてから、3年目だが、根張りが良くなり、栽培後期の樹勢衰退も少なくなった。収量も、品質も今まで以上に、安定するようになった」と、「共生菌A-300」の効果を評価されています。

「共生菌A-300」は、作物、栽培法にあわせて、育苗時、定植時、定植後などに作物に散布、使用します。

「共生菌A-300」配合の有用細菌「バークホルデリア」が、苗の根、茎葉に定着、健苗づくり・定植後の生育安定などに貢献します。

トマトのほか、キュウリ、ピーマン、イチゴ、シシトウなどの果菜類、スターチスなど花卉類にご使用いただいています。「共生菌A-300」は、㈱四国総合研究所(四国電力グループ)と当社の共同開発商品です。

2016.01.01

謹賀新年

皆様方にはお健やかに、新しい年を迎えられたこととお慶び申し上げます。当社社員一同、本年も「微生物のちから」をいかす研究開発、商品化に邁進してまいります。

倍旧のご鞭撻のほど、お願い申し上げます。

平成23年3月の東日本大震災、昨年9月の関東・東北豪雨で被害にあわれた皆様方に、あらためてお見舞い申し上げます。農業をはじめとする、産業の一日も早い復興を祈念いたしております。

 株式会社 松本微生物研究所 代表取締役 牧 孝昭

                     社員一同

2015.12.02

「トラクター洗浄殺菌施設」の閉缶作業を行っています

施設の閉管作業(JA川上そ菜販売)

施設の閉缶作業(JA川上そ菜販売)

当社は、川上村はじめ長野県内のレタス生産地7か所に設置された「トラクター洗浄殺菌施設」の「閉缶作業」を行っています。厳冬期を控え、凍結により配管設備などが故障しないように、毎年実施するメンテナンス作業です。

レタス産地で使用されている大型トラクターを洗浄殺菌します

レタス産地で使用されている大型トラクター

「トラクター洗浄殺菌施設」(以下、施設)は、「レタス根腐れ病」の拡大を防ぐため、JA全農長野、各地JAが、国の交付金を受け、平成12年から逐次、設置しました。「レタス根腐れ病菌」に汚染された圃場から、未発生圃場にトラクターを移動する際に、施設でトラクターを洗浄、ロータリーやタイヤに付着した汚染土壌を80℃の熱水で殺菌することで、菌の伝染を防ぎ、レタス生産に適した健全な土壌環境を維持します。

大型トラクターの洗浄殺菌

大型トラクターのロータリー、タイヤの洗浄殺菌

生産地の土づくり期間中は、トラクターが施設に頻繁に出入りする光景を見ることができます。
当社はトラクターの洗浄設備、「レタス根腐れ病菌」の熱水殺菌法などについて提案し、システム構築のお手伝いをいたしました。設置以来、当社が7か所の施設のメンテナンスをお引き受けしています。トラクターが稼働する来春前には、「開缶作業」を行います。

80℃の熱水による殺菌設備

80℃の熱水による殺菌設備

7か所の施設の所在地は次の通りです。

・JA長野八ヶ岳川上支所4か所(御所平、原、大深山、居倉 各支所)
・JA佐久浅間伍賀支所
・JA松本ハイランド朝日支所
・JA川上そ菜販売

トラクター洗浄殺菌施設使用フローチャート